スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 3DSはなぜ眼鏡なしで3Dを楽しむことができるのか?

    3ds


    今話題の3DS

    発売予定は、2月26日
    価格は、2万5千円で発売予定
    結構高いですね。

    この3DSなんですが…

    本当に3D何でしょうかねぇ~

    それに、3Dと言ってもたぶん少し浮き上がる程度でしょうね
    たぶん…
    そんなに期待していません。

    でも、ふと疑問に思ったのが

    「どうして眼鏡なしで3Dを楽しむことができるの?」

    ということです。

    それで気になったので、少し調べてみました。

    調べてみた結果、わかりやすいサイトがあったので

    そのサイトの引用なんですが
    3DSの3Dの秘密を紹介していきたいと思います。



    3ds仕組み


    3DSは上下2つの3.5インチの液晶ディスプレイを搭載している。このうち上画面にシャープの視差バリア方式ワイド3D液晶ディスプレイを採用しているため、立体的なゲームができる。下画面はタッチパネルのため、指紋が付着する可能性が高く、その場合に立体視しにくくなるため2Dのみの表示となる。

    では、この視差バリア方式とはなんだろうか。

    視差バリアとは別名パララックスバリアとも呼び、表示用液晶の上にバリア液晶を重ね、バリア液晶が右目と左目に異なる映像を届ける。
    これによって左右の目の見え方の違い、視差が生まれ、立体的に見えるという仕組みだ。
    立体視するためには、視力や画面からの距離などを調整しなければいけない。そうした個人差に対応するために、3DSでは「3Dボリューム」を設け、立体深度を調整することを可能にしている。

    http://www.su-gomori.com/2011/01/nintendo-3ds-shikumi.html


    [ 2011/01/28 08:12 ] おすすめゲームニュース | TB(0) | CM(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク

  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    のトラックバックURL
    http://game374.blog42.fc2.com/tb.php/695-3b9c1e21





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。